お問合せアクセス


カナダ産 仔牛肉

・品質を重視した仔牛生産工場からの輸入

酪農産業の中心地ケベック州モントリオール近郊で

成長ホルモンと抗生物質を使用せず飼育しています

ホルスタイン種の雄を単独飼いではなく

人道的な群での飼育に特化しています

 

ミルクフェッドヴィール
(ミルクのみでの飼育)
母乳         生後1週間
代用乳(スターター)  約2ヶ月
代用乳(育成用)    約4ヶ月
グレインフェッドヴィール
(ミルクと穀物で飼育)
母乳         生後1週間
代用乳・離乳食     約7週間
穀物肥育        約130日

 

・高い栄養価

仔牛肉は脂肪含有用が低く、鉄分・ミネラル・ビタミンを豊富に含むヘルシーでバランスのとれたタンパク源です

ケベック州政府の研究によると、仔牛肉は非常に栄養価が高く、ヘルシーな食物であると分かりました

様々な部位を研究した結果、仔牛肉は、他の食肉に比べて一番低脂肪であり、その数値は、鶏肉の脂肪含有量と同レベルです

低脂肪 約100gから 7.5%未満の脂肪
不飽和脂肪 仔牛肉に含まれる脂肪の約60%が不飽和脂肪
低カロリー 約100gの肩の肉で、160-200kcalの熱量
タンパク質 100gの仔牛肉で一日に必要なタンパク質の半分(豊富なタンパク質)
鉄分 100gの仔牛肉で一日に女性の必要な鉄分の約20%(赤血球の構成に必要)
亜鉛 100gの仔牛肉で一日に推奨とされる亜鉛量の50%以上(組織形成の為)
ビタミンB12 100gの仔牛肉で一日に推奨とされるビタミンB12の100%(赤血球の構成)
マグネシウム 一切れの仔牛肉で、一日に推奨とされるマグネシウム量の最大10%
マグネシウムは、組織形成、骨の発達に必要なミネラル

・生産者のこだわり

農家から食卓まで

・国際的に認められたHACCPシステムにより全工程を管理しています

・ケベック州によるトレーサビリティプログラムを使用し

耳標で農家から屠場までトレースバックが可能です(Agri-Traceabilite Québec (ATQ))

・農家も屠場も政府の検査官によるチェックが定期的に行われます